NEWS, INTERVIEW だいじょうぶなもの プロフェッショナルインタビュー0

これこそが究極のオーガニックフードと実感!
四角大輔さん

音楽業界から転身し、現在ニュージーランドで自給自足のサステナブル・ライフを送りながら、講演や著書を通じて様々なポジティブなメッセージを世に送り出している四角大輔さん。食生活のデフォルトはもちろんオーガニック。オーガニックにこだわるためにニュージーランドに移住したといっても過言ではない四角さんは、この「だいじょうぶなもの」プロジェクトの特別アドバイザーです。なぜこのプロジェクトに関わることになったのか、その理由をお聞きしました。

高倉健との出会いと特別アドバイザーになるきっかけ

数年前にはじめて高倉 健(たかくら新産業社長)さんにお会いした時、「男では珍しい(笑)オーガニックの可能性を信じて本気で行動している2人で、何かやりたいね!」と、握手したことを今でも覚えています。

その後しばらくして、健さんから手渡されたのは2つのサンプル容器。それこそが、「有機植物発酵エキス」と「ワイルドシーベリージュース」の製品サンプルでした。

その時、有機植物発酵エキスを手作りされている伊藤さんと、ワイルドシーベリージュースの作り手・星さんの物語を聞かされ、植物と真摯に向き合う姿勢、ほぼ全てが手作業という妥協なき生産方法、原材料のすべてが無農薬・無化学肥料という徹底的なこだわりに、ぼくは感動してしまいました。

いつもの長期の旅の間、これらのサンプルを試していました。そこで「これこそが究極のオーガニックフードだ!」と確信したぼくは、兄貴分のような健さんに「これ、何か手伝わせてください!」と思わず言っていたんです(笑)。

この人が作るこの素晴らしい作品を、もっと多くの人に届けたい

ぼくは毎年、オーガニックジャーニーと称し、日本中、世界中を旅している。昨年は10ヶ国近くを巡り、各地の有機農家さん、オーガニック飲食店、サステナブルな宿泊施設を取材しています。

これは、ぼくのいつもの旅のスタイルで、こうやって北海道から沖縄まで、世界では60ヶ国を訪れてきたのですが、一本気で不器用な職人さんたちに会う度に心打たれ、「この人が作るこの素晴らしい作品を、もっと多くの人に届けたい」と思っていたのです。

健さんの「だいじょうぶなもの」プロジェクトの理念に、「まだ知られていない作り手を発掘し、彼らのオンリーワンプロダクトを多くの人に届ける」というものがあります。また長く、多くの人に使い続けてもらえる適正な価格に抑えるために、卸や小売りを通さず、クラウドファンディングや自社オンラインショップでしか売らないという新しい方法。そこに僕が強く共感したことは言うまでもありません。

旅の中で実感した商品の凄さ

色んな国を巡る長期の旅では、どんなに食事に気を使っても消化器系が不安定になります。逆に、ニュージーランドの原生林に囲まれた湖畔での生活では、言うまでもなくパーフェクトです。庭の有機野菜&果物、森からの山菜やハーブ、自ら釣る野生の魚、手作りの多種多様な発酵物、そして野草の自作発酵エキスを食しているので、ある意味当然と言えるでしょう。

しかし、驚いたのが、昨年の2ヶ月近くにわたった旅の間、伊藤さん作の有機植物発酵エキスを毎日小さじ1杯なめていたら、お腹の調子がニュージーランドの森にいる時とまったく同じ状態を維持できたのです。

その旅ではずっと自著の執筆に追われていました原稿と何時間も向き合っていると、どうしても集中できない時があります。その際は、大さじ一杯ほどの星さん作のワイルドシーベリージュースを水で割って飲むだけで、バチっと目が覚めて驚くほど集中力が復活し、脳のパフォーマンスが高まったのです!!

この2つのおかげか、飛行機移動が多かった旅にも関わらず、肌の調子もずっと絶好調でした。

念願叶って、伊藤さんと星さんにお会いできたのは旅の後。化学物質まみれの食事と、超ストレス社会によって慢性の体調不良に苦しむ現代人のために、「健康に役立つものを作りたい」と、それぞれの表現方法で熱く語るご両名に心酔。ぼくの言葉で彼らを表すると、まさしくアーティストでした。

お肌や腸に不調を感じる方、肉体と脳のパフォーマンスを高めたい方は、ぼくの体験と言葉を信じて、一度は試していただきたい。さあ、日本中に届けーーーー!!!


ニュージーランド湖畔の森より願いを込めて。

四角大輔/Daisuke YOSUMI

四角大輔/Daisuke YOSUMI

ニュージーランドの森でサステナブルな暮らし/環境省アンバサダー/SDGsウィルメンター/著書に『人生やらなくていいリスト』『LOVELY GREEN NEW ZEALAND』『バックパッキング登山入門』『モバイルボヘミアン 旅するように働き、生きるには』『自由であり続けるために 20代で捨てるべき50のこと』など/(社)the Organic 副理事、(株)ヨギー取締役、(株)オシロ共同代表など5社の役員を兼任/レコード会社プロデューサーとして数々のヒットを創出した経験を活かしての、オーガニックやエシカルブランドへのアドバイザリー事業/オンラインサロン〈LifestyleDesign.Camp〉学長/ライフスタイルシフトメディア〈4dsk.co〉主宰/インスタグラム: 4dsk.co