NEWS, INTERVIEW だいじょうぶなもの 販売店 インタビュー1

なんか調子が悪いという人は腸で変わる!
理学療法士 大坪 隆治さん

国内外のVIPが押し寄せるという完全紹介制のmedical真骨ラボを経営する理学療法士 大坪 隆治さんは、原因のわからない不調の多くを、独自のメソッドで解決するゴッドハンド。有機植物発酵エキスを支持くださり、筋骨系の不調の原因の一つに腸の問題もあると患者さんにおすすめくださっています。そんな大坪さんに有機植物発酵エキスについてお聞きしました。

 

サッカー選手を目指していた僕が理学療法士になったきっかけ

学生時代はサッカー選手を志し、国際大会も経験してきましたが、中学生時代に膝を痛め、大学病院やスポーツ専門クリニック、ゴッドハンドと言われる鍼灸院やカイロプラクティックに通うも痛みは取れず悩んでいたのです。ところが、ある理学療法士との出会いで長年の膝の痛みがなくなるという経験をしたのです。

その出会いをきっかけに、自分と同じように、何をしても如実な変化が得られず、年齢や体重やスポーツを続けている事が不調の原因とされている方々が、世の中にはたくさんいらっしゃることを知りました。

超一流の理学療法士になれば、そういった悩みを持つ方々の解決の糸口になれるのではないかと考え、理学療法士を志し、優秀な成績(全国統一試験1位)で合格。

現在は月に450名の患者さんを診療しつつ、クリニックの経営コンサルティング、セミナー講師の他に、医療分野とは異なる企業や団体の役員、顧問も務めています。 「本物は本質を見出すため何をやっても結果が出せる」をコンセプトにしています。

理学療法と腸内環境

medical真骨ラボには、病院や整体院、鍼灸院に通ってもなかなか解決しない身体の不調を訴える方々が世界中からいらっしゃいます。

解決に導くにあたって特に重要視しているポイントが「腸の働き」という事です。

腸は自律神経の支配下で24時間絶え間なく働き、人の意志とは関係なく自らの意思で働いています。そのため第2の脳(セカンドブレイン)とも呼ばれています。

人の消化器官は、口から肛門まで1本の管でつながっており、一般に食べ物は、口から入っただけでは吸収されません。胃液や胆汁・膵液で分解され、その栄養素のほとんどは小腸で、水分は大腸で吸収されます。 つまり、腸から吸収されて初めて体内に入ったことになるのです。いわば腸は、栄養素を取り入れる窓口なのです。

また腸はヒトの身体で最大の免疫組織でもあり、リンパ球の60%が集まっています。消化管を通して入ってくる栄養を吸収し有害な物質は排泄、そして有害菌等の侵入に対し、幾重にもなるバリアをもって体内への進入阻止、さらに体内に侵入されたらリンパ球が攻撃し人体を守ります。

まさに、体内の入り口を守る“関所”ともいうべき働きをする極めて重要な器官です。

原因不明の不調は腸の機能低下が原因という事はよくあるようです。

腸が大切なわけ

骨格的なものはエクササイズで治りますが、カラダの内側から治していくには有機植物発酵エキスのような、信頼できる確実なものが絶対に必要です。

腸の働きの低下は身体の様々な症状と関連します。

実際におススメした患者様から、便の出がよくなった、臭いが少なくなった、栄養の吸収効率がよくなって身体が疲れにくくなった、などの感想も多く寄せられています。

普段から親しくしている高倉社長から「素晴らしいご縁でとんでもない商品ができた!」と連絡を受け、この有機植物発酵エキスに出会いました。

有機植物発酵エキスの完全な非加熱、100%ホールフーズのオーガニック、生きて腸まで届く凄いITO酵母。そしてなにより毎日続けることが可能な価格でありながら、このクオリティは奇跡だと思っています。

一流を極めた本物が本気で勧める発酵エキスを是非一度お試しください。

大坪 隆治(理学療法士)

大坪 隆治(理学療法士)

国内一流の理学療法士が立ち上げた総合健康サロン「Medical真骨ラボ」会長。
三軒茶屋店のほか、白金店もオープン。
http://bmss.jp/