ブルーヒルズハニー

BLUE HILLS HONEY

なにに効くの?のイメージ なにに効くの?

はちみつは「ブドウ糖」30%と、「果糖」40%以下の割合の糖分でできており、糖分の他にも「酵素」「アミノ酸」「ビタミンB群」「ビタミンC」「ミネラル類」「抗酸化物質」などが含まれています。はちみつに含まれる抗酸化物質の多くは、「フラボノイド」に分類され、フラボノイドは、抗炎症特性があり、多くの健康効果をもたらします。

はちみつには、抗菌特性があり、ピロリ菌の撃退に効果があるとされています。また抗炎症特性により咳や喉の痛みを緩和します。また、傷口や軽度の火傷の治療の促進を助けます。豊富に含まれるプレバイオティクスの作用により、便秘予防などの整腸効果や美肌効果があります。天然成分ですので副作用等の心配もありません。


どうして効くの?のイメージ どうして効くの?

「ブルーヒルズ レザーウッドハニー」には、身体環境を整えるプレバイオティクス*4、美容効果に欠かせないビタミンB群、C、還元力のあるポリフェノールをたっぷり含み、一般的な野菜よりも抗酸化力が強力で、カラダの調子を整えたり、美と健康を守るために最適です。マヌカハニーと同等の抗菌作用*3があり、レザーウッドハニーで唯一のTA*2を取得しています。

また、レザーウッドハニーは腸内環境を整えるプロバイオのエサとなるプレバイオティクス*4 が、世界で二番目に多いはちみつといわれています。
レザーウッドハニーは
ラクトバチルス・ラムノサス(整腸作用がある乳酸桿菌)
ラクトバチルス・アシドフィルス(熱や酸につよく直接腸に働きかける乳酸菌)
ラクトバチルス・パラカゼイ(アレルギー改善、免疫力向上効果が強い乳酸菌)
を活性化するというエビデンスもあります。

*2 TA(Total Activity)とは抗菌力を示す値。TA5+はマヌカハニーの抗菌成分MGO100+相当  の数値です。オーストラリアの蜂蜜分析機関「NOVOST」の製品テストによりTA5+が認められています。
*3 抗菌は商品に対する効果です
*4 プレバイオティクスとは善玉菌をサポートする成分のこと
(引用元:The Value-adding Potential of Prebaioteic Components of Australian Honey By Patricia L. Conway,Rosie Stern and Lai Tran,january 2010)


いつどうやって飲むの?のイメージ いつどうやって飲むの?

毎日の習慣に、また喉がいがらっぽくなってきたときなどお好きな時に。のどが痛いときは口の中でしばらく飲み込まずに置いておくとよいようです。毎日スプーン1杯程度を目安にそのまま、または水や炭酸水、紅茶などに入れてお召し上がりください。

ヨーグルトなどの乳酸菌と一緒に食べることによって、乱れがちな身体環境を整えることができます。


どんな人におすすめ? どんな人におすすめ?のイメージ

※特性上、加熱処理をしておりません。はちみつにはボツリヌス中毒を引き起こす細菌胞子が含まれる可能性がある為、1歳未満の乳幼児にはちみつを与えることはできませんのでご注意ください。

オンラインショップへ